電子竹林:Blog(アーカイブ)

電子竹林:Blogの2019/1/20までのアーカイブです、最新のものは→ https://zom-1.hatenablog.com

「ザ・コンサルタント」-The Accountant-

ギャビン・オコナー監督。田舎町の会計士クリスチャン・ウルフ(ベン・アフレック)は、犯罪者の帳簿を仕切る裏稼業を専門としていたが、ある時、キング(J.K.シモンズ)CEOのハイテク企業の財務調査の依頼が舞い込む。ウルフは問題を発見したデイナ・カミングス(アナ・ケンドリック)と調査に取り組むが突然に契約は中止、そしてウルフは謎の男に命を狙われるが…。アクションよりも謎で引っ張っていく展開は上手い。様々な背景には御都合主義な雑なトコもあるんだけど、全体ではパズルの作り方はまあまあ。この辺は監督の前作「ジェーン」(id:zom-1:20161027#p1)と同じ印象。クリスチャン・ウルフはキャラとしてはなかなか面白い。これはシリーズ化する気があるんだろうか。アナ・ケンドリックは「ピッチパーフェクト」(id:zom-1:20160409#p2)とはかなり雰囲気違うけど、彼女自身はいつも印象に残る。ブラックバーン(ジョン・リスゴー)は出番少なかった。
http://wwws.warnerbros.co.jp/consultant-movie/

「ネオン・デーモン」-The Neon Demon-

ニコラス・ウィンディング・レフン監督。モデルを夢見てLAに出てきたばかりの16歳のジェシー(エル・ファニング)、住まいはモーテル、知り合いもネットで知り合ったディーン(カール・グルスマン)だけ。ジェシーはメイクのルビー(ジェナ・マローン)の誘いでモデル事務所に登録、順調にキャリアを歩み始めるが…。前半はなかなか良くて、モデル業界での「ブラック・スワン」(id:zom-1:20110521#p1) な展開かと思った。映像的にも美しく斬新、緊張感があるシーンも良い。しかし後半はグズグズで最後はまったくまとまらない。とても勿体無い感じがする。モーテルの管理人キアヌ・リーブスは、意味ありげだけど特に何も無かった。「ドライヴ」(id:zom-1:20120414#p1)と比べると随分と残念な感じ。
http://gaga.ne.jp/neondemon/